blog

2018.07.14 カテゴリ:

大工さんボチボチ

9月の竣工に向けて鋭意作業中。

今作はあえて「かっこよさ」を追求して設計してみました。

ではそのかっこよさとは何か。

木組みであったり、佇まいであったり、素材感であったり。

抽象的な表現はなかなか人と共通認識を持つ事は難しいけれど、どこはかとなく、日本人としての凛とした「かっこよさ」を共有出来たならば、上出来だと思います。

 

現在ボード張りの最中。

張ってしまえば判らないけれど、壁の中の「ギミック」を紹介します。

お家芸の引き込み木製建具。

間仕切りよりも奥に建具が引き込まれるため、奥(玄関)まで壁をふかしていますが、筋違い(斜材)の高さを算出して開口高さを決めています。

もちろん筋違いは切り欠いておりませんのであしからず。

この窓だけで関わってくるセクションを挙げてみましょう。

 

・内部の開口高による印象

・入射の調整

・外部のプロポーション

・構造における納まり

・建具の納まり

・間取り

 

ざっと思いつくだけでもこのように、複雑に絡み合って建築は出来上がっていきます。

そこに壁があるからとか、光を入れるだとか風を抜くだとか、かっこいいから大開口とか、そんな単純な作業で設計は為し得ないと思います。

とはいえ出来上がった空間が奇想天外・複雑怪奇では、それこそ住み心地に反映されずに本末転倒!!

仕上がりはしれっと、あっさりがちょうど良いのです。

リズムを出すためにダミーで溝掘り。

拝みの集合部分

よくぞまぁここまで摺り合わせてくれたものです。

作庭は多種多様な梅を中心に、をご所望。

この開口から眺める来春が楽しみです。

「くの字の平屋」の再来。

このセクションだけで大工さんには4日間もかけてもらっています。

アルミサッシなら40分程度(笑)

垂木のリズムもかっこよさの象徴とも言えるべき。

毎度良材を提供してくれる材木屋さんには感謝です。

奥の和室までこのリズムは続きます。

今作は自身初「お仏壇」を設計させて頂く機会を頂きました。

タイルと光で出来たお仏壇、こちらも楽しみです。

コーナー窓なのに柱がない?

上の梁で支え合っています。

大工さんの雑多な道具達。

 

現場見学だけでも、是非お越しください。

ご案内いたします。