blog

新作|サザエさんリフォームするの巻

「サザエさんリフォームするの巻」

久々な大型リノベ物件となります。

築40年程度の住宅を、なるべく柱を残しつつ、思い出までリノベしないリノベ。

先代の思いが詰まった住宅をそっくりキレイにするのではなく、敬意を払いつつ、現代のライフスタイルに合わせます。

断熱・耐震強化はもちろんのこと、間取りもそっくり作り替えますが、どこはかとなく“面影”を残すことが、リノベには大切だと思うのです。

最近リノベの問い合わせも増えてきておりますから、“なにかしら”がお伝えできればなと思います。

 

タイトルにある様に、サザエさん一家のごとく3世代が住まう家。

プライバシーを確保しつつ、家族の時間を分離・共有の境界が課題です。

現状は二間続きの和室、そこに付け合わせで茶の間、寒くて薄暗い北面には水廻りと、昔ながらの典型的な間取り。

来客対応や冠婚葬祭がメインで作られた住まいは、どうしても現代のライフスタイルにはそぐわないことでしょう。

過去は来客のための住まい、現代は住まい手中心と、時代は変わりました。

時間が築き上げてくれた経年美化や面影を尊重しつつ、この先の生活へと迎合させていきます。

断熱材はすべて強化しサッシは全交換で省エネ性強化、耐震強化で安心な住まい、そこに僕のデザインを加味し、リノベにしか出せない“味”のある住まいへと変貌を遂げることでしょう。

 

既存の時代を感じ、インパクトある「青瓦」はそのまま。

南面の開きすぎたサッシは閉じ方向に。

増築部分は思い切って減築します。

外壁はいつもの杉板張りで白で塗装。

だいぶ間取りはいじっていますが、柱はほとんど抜いていません。

これもまた腕の見せ所といったところでしょうか(笑)

 

暮らしの見学会 -現代版ハイジの家-

樹木の生産農家さんの自邸が今作の作品 敷地の広大さと周辺環境のおおらかさがこの建築を生み出しています。
沖縄で感じた軒先と縁側が織りなす雨端(アマハジ)の体験からインスパイアされ、 内部と外部が交錯する中間帯は大変な心地良さがあります。
通り土間からダイニング→キッチン→リビングと、キッチンを中心としたワンルームの茶の間はお家芸。
寒さに厳しいこの環境に対し、薪ストーブと屋根の熱を床下に送り込み、 家全体を暖める機能を備えることで、デザイン的にも性能的にも優れた住宅です。
【今作のポイント】
– 自然豊かなロケーション
– 外と内の中間領域である雨端(アマハジ)
– ”暖の間”と名付けた薪ストーブ空間

 

 

当日は結構な寒さが予想されますので、温かい格好でお越しくださいませ。

薪ストーブに火をくべてお待ちしております。

 

お申し込みはこちら