blog

2021.06.11 カテゴリ:

新作|至高のワンルームハウス

「至高のワンルームハウス」

久々に新作の発表となります。

その名の通り、最小限住宅を目指して設計いたしました。住まい手さんからの要望として「とにかく小さくて構わないから上質な空間が欲しい」と頂いておりました。弊社のいくつかの作品をご覧いただき、設計思考や理念はご理解いただいていたゆえ、基本的にはほぼお任せ。(1番プレッシャーがかかりますが)

私は人となりを理解しないと設計出来ないタイプなのですが、住まい手さんから滲み出るそれを推し量るに、職人さんの作るクラフト感のような、手仕事のぬくもりとでも申しましょうか、人情派であるとお見受けしました。それに則った上でのお任せであると理解し、そういう意味では思い切って設計に臨めたのだと思い返します。

 

土地探しから携わらせていただいた敷地は、田園風景の広がる田舎のちょっと広い道沿いにある小さな分譲地。皆奥まったところが好きな恥ずかしがり屋さんなのか、手前の極上な一角だけが売れ残っており、見つけた際にはほぼ即決。

各敷地にはある程度の余裕があるため、隣地との距離感はほぼ感じず、お相手の間取り的にも干渉は避けられそうと判断。風抜けは問題なし。東面は住宅が建っているものの抜け感は感じられ、南面は道路でさらにお向かいさんは平屋。そしてこの土地の決め手材料の一つに挙げられる西面の開放感。1時間に1本程度の線路には土日にSLが走るそう。

 

 

そうした周辺環境から読み解いたカタチがこちら。

屋根は赤瓦で外壁は無塗装の杉板張り。建築面積は16坪で床面積は玄関部分がニッチになっているため15坪。

配置は西面を最大限に傍受するためと、お隣さんとの距離感確保のために若干角度を振り、方行の屋根がより愛らしく感じられるように。

内部のプランは土間からプランが展開し、生活における最小限の間取りを心掛けつつも、視線の抜けを幾多も設けることで拡がりを感じられる平面プランといたしました。

最小限住宅といえど収納はきちんと必要量設け、ご趣味である音楽鑑賞や映画鑑賞に浸れる空間性を確保。

L型の造作木製サッシはもちろん全開口を可能とし、これまた一品もののソファに横たわり日長ぼーっと出来る極上の窓辺を誂えました。

さてさて、子育て世代とはまた一味も二味も違うコンセプトにどのような空間が表れてくるのか、こちらもまたとても楽しみな一作となりました。

竣工は11月末を予定しておりますので、どうぞお楽しみに。

 

 

 

◆お知らせ

全国の有力な工務店が集結し、エンドユーザー向けの家づくり講座をYoutubeにて公開中です。

住まい作りでお悩みの方はぜひ参考になさってみてください。

教えて!家づくりのこと by工務店編集会議 >> Youtube

 

 

お問い合わせ先

株式会社  COMODO建築工房

住所|栃木県宇都宮市上桑島町1465-41

TEL|028-689-9560

mail|info@comodo-arc.jp

 

■資料請求

■COMODO CHANNEL(YouTube)

Facebook

Instagram