blog

2018.05.30 カテゴリ:

板金職人さんと屋根で戯れる

現場巡礼

週一は現場に足を運ぶようにしています。

それは職人さんが信用できないからとか、所員に任せられないとか、そんな理由ではなく。

単にもの作りの現場が好きなのです。

そしてそれに携わる多くの人たちも。

住宅建築ですとおおよそ1件で、20もの職方さんが関わってきます。

それぞれが独立ではなく、連係プレーがとても大切。

そんな人と人をつなげるのも我々の仕事なのだと思います。

2次防水のためのルーフィングの名前は「カッパ」・・・おおよそ防水とはイメージが結びつきにくい…苦笑

この箇所はくの字の折れている谷の部分。

雨漏れの原因として可能性の高い箇所なものですから、念入りにしっかりと。

今作の屋根仕上げは「縦ハゼ葺き」と呼ばれる工法。

屋根のラインを垂木とリズムを合わせてみました。

 

内部は下地組の最中。

おおよその骨格は見えてきたのですが、なんともダイナミズムでおおらかな空間にまとまりました。