blog

2021.01.14 カテゴリ:,

現場巡礼|内包する家(0107)

久しく現場の様子をブログに上げることがなかったと、1年を振り返り猛省。

今年は出来上がった作品のみならず、きちんとその工程もお伝えしていこうと思います。「見た目はいいけど、実際どうなの?」と言われないためにも…。

 

ご存知の通り、建築は図面があれば出来るというものではございません。どんなに詳細な図面を描こうとも、やはり現場での悩みは尽きないもの。それをリニアに職人さんと対話する技術も、僕らにとって大切な技能の一つ。

去年は現場をあえてスタッフに大半を任せ、自力で現場との対話力を身につけるよう指南してみたところ、職人さんの協力もあり、きちんと順応しているようでした。現場を知ることも、図面を描くにはとても大切な要因なのです。

誰がどのような作業をするのか?その工程は?どのタイミングで?どれくらい手間がかかる?他の工事との絡みは?材料の発注のタイミングは?などなど、図面では描ききれない内情が現場にはあるのです。それらも踏まえた上で、職人さんに伝わる図面を渡すことは、必要最低限であると自負しております。

COMODO CHANNEL「プレゼンの日常」(https://www.youtube.com/watch?v=FKWfJO3yBqY&list=PLHh2X8DXfj510Ccol_aAXv6H9D2s56E0x&index=1)の際に登場する、いくつも検討を重ねた案件がこちら。

幾多の検討の甲斐あってか、自然と馴染むRの天井になりそう。

立て掛けられた枠材。

中庭への開口が気持ちよさそう。

ヒロと大工さんの打ち合わせの様子を我が子のように見守る…サボっているわけではない‼︎

 

 

次回は「ホタル山景の家」の現場巡礼をお届けします。

 

お問い合わせ先

COMODO建築工房×飯田亮建築設計室

住所|栃木県宇都宮市上桑島町1465-41

TEL|028-689-9560

mail|info@comodo-arc.jp

 

■資料請求

■COMODO CHANNEL(YouTube)

Facebook

Instagram