blog

2021.08.12 カテゴリ:

遥か望む田園風景

先週に建て方を終えたばかりの「至高のワンルームハウス」ですが、早くも瓦を葺き始めております。

久方ぶりの瓦となりますが、今までのお色は銀黒やいぶし銀でしたが、今回は地域柄を表すような、そんな赤土の瓦を選んでみました。さてさて、仕上がりはどのような表情を魅せてくれるのか、今から大変楽しみであります。

外観全景。

ポツンと、しかし確かな存在感を主張する方行屋根の小さな平家。かわいらしい佇まいになれたと思います。

7割方終えたところでしょうか。

光の加減で表情が変わります。

少し赤っぽいのがお分かりいただけますでしょうか。

寄るとさらに表情が豊かなのが見て取れます。

剣先にも拘り、シンプルながらも大屋根を支えてくれるような力強さを表現。

今日の瓦は野地板(屋根の下地材)から固定しておりますので、落ちる心配はだいぶ軽減されました。

瓦カッター。石工と同じで、どのあたりに歯を当てれば割れるという勘所を働かせ、思い通りの形状へと割っていきます。まさに職人技!

電車とツーショット笑

SLも通る線ですので、いずれそのチャンスを伺いたいと思います。

この景色にはどんなデザインでも勝れません。日がな一日過ごせるほど豊かな景色が広がっています。

酷暑の中ご苦労様です‼︎

 

 

お問い合わせ先

株式会社  COMODO建築工房

住所|栃木県宇都宮市上桑島町1465-41

TEL|028-689-9560

mail|info@comodo-arc.jp

 

■資料請求

■COMODO CHANNEL(YouTube)

Instagram