blog

2018.12.28 カテゴリ:

集いのいえ

続いては「集いのいえ」のお披露目。

実は「ひとつ屋根の家」のお母様のお住まいとなります。

これほど嬉しいことはなく、娘さんのお住まいをお気に召して頂いてのご依頼です。

現在のお住まいは1人で住まうにはあまりにも広すぎるとのことでの建て替え計画です。

 

外壁はそとん壁、屋根を2作目となる瓦屋根を採用しています。

方形をベースに、間取りは4間角をずらして配置。

玄関直結のインナーガレージを備えます。

杉並木からの景観。

屋根のとんがりは小屋裏の換気用。

久々の瓦屋根に心躍ります。

方位が45度ふれているため、建物をふるのではなく開口を素直に切り欠きました。

18.5坪の床面積と、非常にコンパクトであるものの、住まい勝手は非常によろしいかと思います。

 

無駄なく、そつなく。

日光名物のひとつでもある杉並木沿いに建つ住まい。

お一人様の家ではあるけれど、これが設計においては案外と非常に難題。

普段の生活の行動範囲はほぼ決まっているのに、子ども達が帰省することが年に数回ある。

大きすぎず、小さすぎず、動線は最小限に、間取りはコンパクトに。

江戸時代から続く景観に敬意を払いつつ、しれっとその場に佇むプロポーションとなりました。

 

4月頃の着工を目指し、10月頃のお披露目となると思います。

 

COMODOの求人募集