column

収納のキャパシティーと位置を考察する

「収納を出来る限り多くしてください!」 ヒアリングの時、ほぼ100%でこのフレーズが出てきます。判らなくもありませんが、その前に家を建てる原点を振り返ってみてください。「新しい生活スタイルを送りたい」これが大前提ではありませんか? “モノ”を収納するために住まいを建てるわけではありませんよね。収納は一ヵ所に大きく取らず、必要なところに必要なだけを心掛けて設計しています。雑多な物を押し込める納戸も当然必要ですが、それぞれの空間に必要な収納場所を家具で対応することが大切だと思います。その分、スペースも広くできますし、なにより片付け上手になり部屋がスッキリして、さらに使い勝手は確実に向上するはずです。収納のスペースに床面積が取られなくなりますので、無駄に大きな家にならず、必然的にコストにも響いてきます。
そして一番大切なことは「無駄な物を処分」すること!ヒアリングを開始すると、みなさん結構無駄に囲まれていることに気付いていただけます。一度整理してしまえば、無駄な物を買い込まず、何か買うときも吟味するようになるようです。それが結果的には環境にも良いわけですよね!
無駄な物は処分する。買うときは本当に必要なのかよく考える。
物自体は心を豊かにしてくれません。工夫を心掛けることで暮らしを豊かにしてくれることでしょう。

収納のキャパシティーと位置を考察する