column

住まいは「買う」物ではなく、住まいは「建てる」行為である

よくチラシや雑誌で「家を買うなら今がチャンス!」と謳われていますが、住宅とは小さい買い物ではないですし、容易に買い換えが利く物ではありません。家を建てるという行為は、生涯にたった一度きり。住まいづくりというもの作りをもっと楽しんでいただきたいと思っております。
住まいづくりはご相談から始まります。ご自身の理想を整理し、建築家の理念に共感し、思いの丈をぶつける。それを建築家は受け取り、住まい手さんの立場になって空間を描き、現場が動き始めます。現場は家が出来上がるまでの空き時間ではありません。自分たちの家が出来上がる製作工程を逐一確認し、時には作業に参加するのもいいでしょう。足繁く通うにつれ現場の職人さんとのコミュニケーションが取れ、人間関係が構築されます。職人さんにとっても住まい手の顔が見える建築は心意気が変わるといいます。
私の住宅建築には作り手の顔が見えるような「○○大工さんはここで苦労していたな」など、そういった思い出も「住まいづくりの一環」に取り入れていただけるように心掛けています。住宅は長い年月により何かしらのメンテナンスは必要になるわけですが、その時訪れるのは当時と変わらぬ職人さんがメンテナンスを行うということで、住まい手さんにとって何よりの安心となりますし、私達にとって「家守り」としての役目が果たせます。この「家守り」こそが、私と職人さんによるもの作りの「誇りと責任」なのです。

住まいは「買う」物ではなく、住まいは「建てる」行為である