concept

COMODO建築工房の流儀

温故知新することで日本の建築の最適解を導き出す…それがCOMODO建築工房の理念。その理念のもと、設計事務所としてのセンスとプランニング手法、工務店としてのたしかな施工、その両方を併せ持ったこれまでにない新たな業態にチャレンジしています。心地よさの本質を追究し、時代が求める性能はさらりとクリアする…COMODO建築工房の流儀は数値に縛られない本当に心地よい木の家づくりです。
住まいの本質

COMODO建築工房の考える住まいの本質とは「住まい手が生涯幸せでいられる住まい」であること。現在の一般的な住宅は、性能・機能・設備・見た目ばかりが重要視され、住まいの本質を見失いかけていると感じています。家族を見守り、受け止め、共に成長し、受け継がれることが大切ではないでしょうか。そのための住まいを、商品とした「物」として扱うのではなく、「住まう空間」として捉えています。家は買う「物」ではなく、建てる「行為」であると思うのです。身体だけでなく、精神的にも安らげ、住めば住むほど体に馴染む、永年住んでも飽きの来ない空間性と、代々住み継げるフレキシブルさ(融通性)が今後の住宅には必要なのではないかと考えています。


住まいをつくる意味とは?

なぜいま住まいが必要なのか、何が不便なのかをアタマで思い描く。「理想の住まいとは?」 まずは、絶対芯のぶれない「目的・理想」を明確にしてください。そうすれば自ずと家族にとって本当に最適な住まいが見え、決め事が多く疲れて立ち止まってしまうようなときも道しるべとなってくれるでしょう。住まいはただ「食う・寝る」ところにあらず、「住まう」場所であるということ。身の丈にあった最適な住まいは、日々の生活を豊かにしてくれます。それと家を建てる行為は「その町の風景を創る」ということにも繋がるのです。自己主張しすぎず、環境と馴染むことを忘れてはならず、少しでもその地域に良い環境を与えてください。そのひとつひとつの小さな積み重ねが町並みを形成していくのです。