お問合せ・資料請求

日々のことblog

2024.03.02

古民家の現調

春過ぎに着工予定のこちらの古民家。
移住を機会にこちらを購入し、新築とリノベで検討を重ねましたが、紆余曲折はあるものの、そもそもこの建物をお気に召して買われておりますし、住まい手さん共々古き良きを愛する精神から古民家をリノベすることに。
間取りがほぼ決まり、現在見積もりの最中のため詳細確認へ伺った様子を備忘録。

工事範囲 *いわゆるフルリノベ
・構造体のみ残し
・屋根の形状(入母屋)はそのまま
・石場立て尊重(耐力壁は新設)
・断熱材充填
・設備関係一新
・間取り変更

調査内容
・柱等の腐りを調査
・その他不具合箇所調査
・全ての柱寸法採取
・床下調査
・梁の架け方採取
・高さ調査
・屋根断熱充填方法及び小屋裏通気検討
・残したいところ、残したくないところ判断
・梁の魅せ方及び吹き抜け天井の在り方検討

ざっと思いついた感じこんなところでしょうか。

見積もり精度を上げることはもちろんのことですが何より、目に見えなくなってしまう不具合を潰す、既存の魅せ方を最大限に引き出すことを目的としています。
全てが折り重なって建築は出来上がりますから、その一つ一つのつながり方によって、リノベの魅せ方が新築にはない醍醐味と感じています。

上からラッピングしてしまえば簡単で早いかもしれませんが、先代への敬意と申しましょうか、あった形への敬意と申しましょうか。
トレースしながらオマージュを重ね、オリジナルを加えていく作業がリノベの一番難しくも楽しくある瞬間となるのです。

古民家全容|こちらがどのように生まれ変わるのでしょうね
離れ|こちらはアトリエとして生まれ変わります
軒裏|木組から推測するに腕の確かな棟梁であったとお見受けします
小屋裏|ダイナミックな梁組の様子をぜひ魅せたい!
竣工時は天井がなく、両サイドの矢切(マス目のところ)がうだつ(煙突の役割)の役目
洗面台|その意識がなくとも あるもので作る自然の可愛らしさ
お風呂|昭和54年に改装したと記載のあった船底天井のお風呂

春先着工を目指して鋭意段取り中となります。

飯田拝

.

.

.

お問い合わせ先
株式会社  COMODO建築工房
住所|栃木県宇都宮市上桑島町1465-41
TEL|028-689-9560
mail|info@comodo-arc.jp

■資料請求

■モデルハウス見学申込

■COMODO CHANNEL(YouTube)

■Instagram